ニュース & トピックス

公開シンポジウム「今、歴史的ヨーロッパを問うこと:『礫岩のようなヨーロッパ』と世界史」が開催されます

公開シンポジウム「今、歴史的ヨーロッパを問うこと:『礫岩のようなヨーロッパ』と世界史」


世界史におけるヨーロッパ史の特権的な叙述のあり方が批判され、議論が続いています。今日、私たちがヨーロッパを問う意味はどのように見いだされるべきでしょうか。

『礫岩のようなヨーロッパ』も、ヨーロッパを模範とした先験的な初期近代観を批判し、実態に即した地域像に基づく近世観を提示しようとした共同研究の成果です。それは、近代主義が批判されるようになった欧米の歴史学界で「複合国家」や「複合君主政」として語られてきた複合的な政治秩序の例を単に紹介したものではありません。『礫岩のようなヨーロッパ』は、秩序問題をめぐる地域住民の戦略や交渉を検討することから、政治社会の個性を見出す作業でした。

アジア史研究などと通底する問題を共有しながら、世界の諸地域と対話可能なヨーロッパへと、その地域像を中性化することが求められているかも知れません。複合的な政治秩序という観点に立てば、ユーラシアの各地にもそのような秩序が多様に存在してきました。東南アジア史研究におけるマンダラ国家論、日本史研究における国衆論など、各々の分野における議論は、秩序と権力をめぐる人間集団の関係のなかに、それぞれの地域の個性を描き出しています。

これらを踏まえるならば、私たちは、秩序や権力をめぐる人間集団の行動のヴァリアントのなかに、日本史、東洋史、西洋史を架橋してユーラシアの各地の個性を特徴づける比較の視点を見出せるのではないでしょうか。このシンポジウムでは「礫岩」という言葉に込められた意味合いを補助線としながら、歴史の作業場の可能性を考えたいと思います。

主催:科研基盤(B)「歴史的ヨーロッパにおける複合政体のダイナミズムに関する国際比較研究」 
日時:2017年3月29日(水)13時00分〜18時00分
場所:東洋大学白山キャンパス6号館3階6317教室

参加を希望される方はこちらの参加登録ページから参加登録にご協力頂けますよう、よろしくお願いします。

司会:小山哲(京都大学)
13:00~13:15 開会の辞:古谷大輔(大阪大学)
13:15~13:35 基調報告(1):森田安一(日本女子大名誉教授)「細礫岩国家スイスより」
13:35〜13:55 基調報告(2):岸本美緒(お茶の水女子大教授)「清代史からみた礫岩国家論の射程」
13:55〜14:15 基調報告(3):神田千里(東洋大教授)「戦国・近世における日本史上の「礫岩」」
14:15〜14:30 休憩
14:30~15:00 『礫岩のようなヨーロッパ』へのコメント:木村直樹(長崎大)、杉山清彦(東京大)、前田弘毅(首都大東京)
15:00~15:40 パネルディスカッション(1):『礫岩のようなヨーロッパ』執筆者からの応答:近藤和彦(立正大)、小山哲(京都大)、中澤達哉(東海大)、中本香(大阪大)、後藤はる美(東洋大)、内村俊太(上智大)、古谷大輔(大阪大)
15:40〜16:00 休憩
16:00~17:20 パネルディスカッション(2):全体討論
17:20〜17:30 閉会の辞:近藤和彦(立正大)

18:00〜 懇親会(会場:東洋大学の学食、会費:教員は会費4500円程度、学生は会費2500円程度を予定)懇親会への参加を希望される方は上記の参加登録ページにある「懇親会への参加」を選択してくださいご協力の程、よろしくお願いします。(申込期限は延期します。

公開日:2017-02-21

公開シンポジウム「失われた鎖の輪を求めて〜『礫岩のようなヨーロッパ』をめぐる対話」を開催します

2016年12月17日(土)に大阪を舞台にして公開シンポジウム「失われた鎖の輪を求めて〜『礫岩のようなヨーロッパ』をめぐる対話」を開催します。関西中世史研究会の協力を頂きまして、中世史研究者と近世史研究者との間で複合的政治編成をめぐる「対話」を試みます。中世史との対話が主題ですが、大阪を会場とするシンポジウムですので、関西圏の研究者、院生・学生の皆さんの参加を歓迎します。

 

公開シンポジウム「失われた鎖の輪を求めて〜『礫岩のようなヨーロッパ』をめぐる対話」

 

主催:関西中世研究会、「的ヨーロッパにおける複合政体のダイナミズムに関する国際比較研究」 (科研基盤(B))

日時:20161217日(土)1400分〜1730

場所:大阪大学中之島センター講義室507アクセスは以下のページをご参照ください。https://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php )

 

司会:佐藤公美(甲南大)

14:0014:25 シンポジウムの趣旨説明と『礫岩のようなヨーロッパ』について:古谷大輔(大阪大)

14:3015:00 中世研究からみた『礫岩のようなヨーロッパ』:加藤玄(日本女子大)

15:0015:30 若手研究者からみた『礫岩のようなヨーロッパ』:元根範子(京都大)、笈川侑也(京都大)、野村雄紀(神戸大)

15:3015:50  休憩

15:5016:40 執筆者・訳者からの応答:近藤和彦(立正大)、小山哲(京都大)、中澤達哉(東海大)、中本香(大阪大)、後藤はる美(東洋大)、内村俊太(上智大)、古谷大輔(大阪大)

16:4017:30 フロアとの対話

 

18:00〜 懇親会

公開日:2016-11-24

第38回スペイン史学会大会が開催されました

2016年10月30日(日)に第38回スペイン史学会大会が「スペイン近世国家像の再検討―カルロス1世即位500周年によせて―」をテーマに開催されました。この大会では、本科研の研究分担者である内村俊太さん(上智大学)が「複合王政論から見たスペイン近世国家の構造」という題目で、研究代表者の古谷大輔(大阪大学)が「イベロアメリカとヨーロッパの対話―『礫岩のような国家』の視座と射程」という題目で報告を行いました。『礫岩のようなヨーロッパ』では、歴史的ヨーロッパの政治社会の特質として「王と政治共同体の支配」を論じてきましたが、それとは異なるスペインの帝国的秩序の中核にあるカスティーリャの政治社会の特徴や、カスティーリャ王以外に普遍君主の選択肢をもたないイベロアメリカをどのように複合的政治編成に位置づけるかなど、フロアの参加者を含め建設的な議論が行われました。

【スペイン史学会第38回大会】
「スペイン近世国家像の再検討―カルロス1世即位500周年によせて―」

日時:2016年10月30日(日) 13:00~17:30
会場:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス BCD会議室
   (秋葉原ダイビル12階 秋葉原駅電気街口から徒歩1~3分)
   http://www.comp.tmu.ac.jp/manycore/images/TMU_AKIBA.pdf
共催:科学研究費補助金基盤研究(B)「歴史的ヨーロッパにおける複合政体の
   ダイナミズムに関する国際比較研究」(研究代表者:古谷大輔)
参加費:無料(ただし資料代実費として500円を頂戴いたします)
備考:事前登録不要

タイムテーブル:
 13:00~13:05 開会挨拶
 13:05~13:15 趣旨説明:久木正雄氏(兼司会、慶應義塾大学ほか)
 13:15~14:00 第1報告:内村俊太氏(上智大学)
        「複合王政論から見たスペイン近世国家の構造」
 14:00~14:45 第2報告:宮﨑和夫氏(筑波大学)
        「スペイン王権治下のアメリカ『副王領』とイタリア諸『王国』」
 15:00~15:45 第3報告:古谷大輔氏(大阪大学)
        「イベロアメリカとヨーロッパの対話―『礫岩のような国家』の
        視座と射程」
 15:45~16:05 コメント:佐藤正樹氏(日本大学ほか)
 16:15~17:30 質疑応答

公開日:2016-11-05

第38回スペイン史学会大会「スペイン近世国家像の再検討―カルロス1世即位500周年によせて―」

第38回スペイン史学会大会が、「スペイン近世国家像の再検討―カルロス1世即位500周年によせて―」をテーマに開催されます。この大会は、本科研も共催者として開かれます。東京近郊にお住まいの方は、ご参加頂ければ幸いです。

日時:2016年10月30日(日) 13:00~17:30
会場:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス BCD会議室
   (秋葉原ダイビル12階 秋葉原駅電気街口から徒歩1~3分)
   http://www.comp.tmu.ac.jp/manycore/images/TMU_AKIBA.pdf
共催:科学研究費補助金基盤研究(B)「歴史的ヨーロッパにおける複合政体の
   ダイナミズムに関する国際比較研究」(研究代表者:古谷大輔)
参加費:無料(ただし資料代実費として500円を頂戴いたします)
備考:事前登録不要

タイムテーブル:
 13:00~13:05 開会挨拶
 13:05~13:15 趣旨説明:久木正雄氏(兼司会、慶應義塾大学ほか)
 13:15~14:00 第1報告:内村俊太氏(上智大学)
        「複合王政論から見たスペイン近世国家の構造」
 14:00~14:45 第2報告:宮﨑和夫氏(筑波大学)
        「スペイン王権治下のアメリカ『副王領』とイタリア諸『王国』」
 15:00~15:45 第3報告:古谷大輔氏(大阪大学)
        「イベロアメリカとヨーロッパの対話―『礫岩のような国家』の
        視座と射程」
 15:45~16:05 コメント:佐藤正樹氏(日本大学ほか)
 16:15~17:30 質疑応答

公開日:2016-10-03

国際ワークショップ(第15回研究会)がイングランドで開催されました

2016年8月17日〜18日にイングランドのシドニー・サセックス・カレッジ(ケンブリッジ大学)において、本科研の主催による国際ワークショップ"A Conglomerate Europe: Rethinking the Early Modern European States"が開催されました。このワークショップには、J.Morill(ケンブリッジ大学)をはじめ現在ヨーロッパで進められている共同研究"Monarchy transformed"に参画する研究者など12名が参加し、2016年7月に刊行された『礫岩のようなヨーロッパ』で明らかにされた日本側の論点と"Monarchy transformed"にまとめられつつあるヨーロッパ側の論点との間で対話が図られました。(参加者のリストとワークショップの次第は以下の通りです。)会合の内容報告は後日ご紹介いたします。


List of Attendants


Robert Evans (Oxford)

Joanna Innes (Oxford)

Gunner Lind (Copenhagen)

John Morrill (Cambridge)

David Smith (Cambridge)

John Walter (Essex)

 

Daisuke Furuya (Osaka)

Harumi Goto (Toyo)

Kazuhiko Kondo (Tokyo/ Rissho)

Satoshi Koyama (Kyoto)

Tatsuya Nakazawa (Tokai)

 Shunta Uchimura (Sophia)

17 Aug (Wed): Part I: Rethinking Early Modern European States (Chapel Court Room 1)

12:30 Welcome Lunch (Old Parlour)
14:00 Opening Remarks (Daisuke Furuya, Osaka)
14:30- Session 1: Kazuhiko Kondo (Tokyo/Rissho)
‘Early modern history from a Japanese perspective’
15:30- Session 2: John Morrill (Cambridge)
‘Monarchy transformed: princes and their elites in early modern Western Europe’
16:30- Break
17:00- Session 3: Tatsuya Nakazawa (Tokai)
‘The theoretical basis of conglomerate formations of the Habsburg Monarchy:
established in response to specific crises in the Kingdom of Hungary’
18:30- Dinner (Old Parlour)

18 Aug (Thu): Part II:A Conglomerate Europe: Case Studies (Chapel Court Room 1)

09:30- Session 4: Shunta Uchimura (Sophia)
                ‘Spanish composite monarchy and logics of historical legitimacy’
10:30- Session 5: Daisuke Furuya
‘Conglomeration of human resources and "Swedification" of Swedish composite
monarchy: a case of the Coyet clan’
11:30- Break
12:00- Session 6
Comment: Gunner Lind (Copenhagen)
13:00- Lunch (College Hall)
14:00 Session 7: General Discussion
15:30- Break
16:00- Summary and Closing Remarks (tbc)
16:30 End of the workshop

公開日:2016-09-24