ニュース & トピックス

第6回研究会を国際ワークショップとして開催します

 本研究は、コペンハーゲン大学サクソ研究所に所属されているゴナ・リン教授を招聘して、主にデンマークを事例とした近世における複合的国家編成に関して、2012年3月2日(金)午後には立教大学にて講演会を、3月13日(火)午後には京都大学にて日本人研究者と連携したワークショップを開催します。(講演会については、バルト・スカンディナヴィア研究会のホームページをご覧下さい。)

【日時】2012年3月13日(火)午後2時〜午後5時
【場所】京都大学文学部新館2階第2演習室
【内容】報告者 ゴナ・リン(コペンハーゲン大学教授)「近世オレンボー朝君主体制における複合的国家編成」
コメンテータ(1)小澤実(立教大学准教授)「スカンディナヴィア中世史の観点から」
コメンテータ(2)皆川卓(山梨大学准教授)「神聖ローマ帝国史の観点から」
コメンテータ(3)後藤はる美(国際基督教大学研究員)「イギリス近世史の観点から」
司会 古谷大輔(大阪大学准教授)

 リン教授は、近世ヨーロッパに変質・頻発した戦争の社会的影響に着目しながら、北はノルウェーから南はシュレスヴィッヒ・ホルシュタインにまで至るオレンボー君主体制下における国家形成について長らく分析を進められ、近世ヨーロッパの国家形成論に関しては現在の北欧歴史学界を代表する研究者として知られています。(リン教授の経歴については、http://saxo.ku.dk/ansatte/profil/?id=175466 をご参照ください。

 本研究は、近世ヨーロッパでもイベリア半島、ブリテン諸島、バルト海域、ドナウ水系などの周縁世界にて形成された国家について、君主体制下に属した複数地域間の結合論理などに着目しながら、それぞれに独特な複合的国家編成の比較検討を進めています。今回のリン教授を囲むワークショップでは、リン教授の議論に学びつつも、スカンディナヴィアにおける中世からの視点、シュレスヴィッヒ・ホルシュタインを含む神聖ローマ帝国からの視点、近世における複合的国家編成の比較例としてブリテンからの視点を交えつつ、バルト海域を舞台とした複合的国家編成の実態に肉薄します。当日の使用言語は英語ですが、皆様の参加を心から歓迎いたします。ぜひご参加ください。

公開日:2012-02-10

第5回研究会が「ヨーロッパ境界地域の歴史的経験とパトリア意識/市民権」研究との合同で開催されました

本研究の第5回研究会を、科研基盤(A)「ヨーロッパ境界地域の歴史的経験とパトリア意識/市民権」(研究代表者:篠原琢(東京外国語大学))との合同研究会の形で、以下の日程で開催しました

【日時】平成23年12月23日(金)午後1時~午後7時、平成23年年12月24日(土)午前9時〜午後1時
【場所】ホテルYes長浜駅前館2番館8階スカイホール


今回の研究会では23日午後に、(セッション1)近世の大西洋海域における複合的国家編成、(セッション2)近世のドナウ水系域におけるパトリア意識、(セッション3)近代のドナウ水系域における複合的国家編成をテーマに、それぞれ本研究より後藤氏、中澤氏、大津留氏から個別報告があり、それに対して「パトリア科研」に参画する研究者からコメントを頂きました。翌24日午前には、(セッション4)近代のバルト海域における市民意識そテーマに、「パトリア科研」に参画する研究者より小森宏美氏(早稲田大学)からエストニアを事例とした報告を頂きました。これらのセッションを積み重ねた後、それぞれの科研の代表者である篠原氏ならびに古谷を司会者として、(セッション5)ヨーロッパにおける非境界型世界としての複合的国家編成について、両科研のメンバが意見交換を行いました。


公開日:2011-12-26

第4回研究会が東京で開催されました

本研究の第4回研究会が以下の日程で開催されました。

【日時】2011年6月25日(土)午後2時〜午後7時
【場所】東京大学本郷キャンパス法文1号館1階115番教室

当日は、本研究に参画する研究者のみの非公開の研究会とし、(1)2011年度以降の本科研の進め方に関する協議、(2)各研究分担者・連携研究者による個別報告が行われました。とりわけ(1)については、年度末にむけた海外研究者との連携のあり方、2013年度に開催される日本西洋史学会での本研究の成果報告の可能性が検討されました。

公開日:2011-06-27

平成22年度の研究成果を公開しました


公開日:2011-03-30

第3回研究会が京都で開催されました

2011年3月13日(日)に本研究の第三回研究会を、ヨーロッパ近世史研究会とのワークショップ「続成する政治秩序、複合する政体理念〜近世ヨーロッパにおける複合的国家」として開催しました。当日は東北地方の大地震の影響で開催も危ぶまれましたが、関東地方からの参加者を含め本研究とこれに関連する近世史研究者との間で闊達な議論が行われました。

この議論のなかで、従来の複合国家論が多かれ少なかれその編成にくわわった諸地域間での実効性を伴った法・協定を見ることで水平的な編成を見るものだったのに対して、複合編成を繋ぐ地域・集団間で保たれた(1)「古き時代」通念、(2)「和平」理念、(3)「よき王国」理念などに焦点を定めることで、これまで個別的に議論されてきた各地域間の国家編成研究に関して共有されるべき問題関心を深めつつ、通時的な国家編成原理の複合を問うことが示されました。これら三点の普遍的理念を最大公約数としつつ、従来の複合国家論が個別的に明かにしてきた地域間の水平的編成を規定する法や協定のあり方が結像するとの着想が得られました。

公開日:2011-03-15