ニュース&トピックス(旧Googleグループで公開した情報も引き継ぎます)

山川出版社から『礫岩のようなヨーロッパ』が刊行されました

2016年7月15日に山川出版社より本科研の成果報告である『礫岩のようなヨーロッパ』が刊行されました。目次は以下の通りです。今秋以降、本科研は、歴史的ヨーロッパの複合的政治編成をめぐるこれまでの議論について学界に総合的な議論を喚起する目的で、公開シンポジウムを開催する予定です。そこでの議論を建設的なものとすべく、この論集を一読頂ければ幸いです。


目次:序章 礫岩のような近世ヨーロッパの秩序問題……近藤和彦

 第Ⅰ部:政治共同体と王の統治
 第1章 複合国家・代表会議・アメリカ革命……H.G.ケーニヒスバーガ(後藤はる美訳)
 第2章 複合君主制のヨーロッパ……J.H.エリオット(内村俊太訳)
 第3章 礫岩のような国家……ハラルド・グスタフソン(古谷大輔訳)

第Ⅱ部:礫岩のような近世国家
 第4章 ハプスブルク君主制の礫岩のような編成と集塊の理論
       ――非常事態へのハンガリー王国の対応……中澤達哉
 第5章 バルト海帝国の集塊と地域の変容
       ――スコーネの編入とスコーネ貴族の戦略……古谷大輔
 第6章 ヨーロッパのなかの礫岩
       ――17世紀イングランド・スコットランドの法の合同論……後藤はる美
 第7章 複合国家のメインテナンス
       ――17世紀のリトアニア貴族の日記にみるポーランド=リトアニア合同……小山 哲
 第8章 スペイン継承戦争にみる複合君主制
       ――大きな政体・小さな政体……中本 香 

https://www.yamakawa.co.jp/product/64083

公開日:2016-07-20

国際ワークショップ(第15回研究会)がイングランドで開催されました | ヨーロッパ近世史研究会第22回例会「近世史研究の現在(3)複合国家論再考」