平成24年度の研究成果

 本研究の最終年度あたる平成24年度は、三度の研究会合(2012年7月1日於東京、2012年12月22日・23日於静岡、2013年3月24日於大阪)を通じて、研究分担者・連携研究者が進めてきたヨーロッパ各地域における国家編成の特徴に関する研究成果を共有し、各々の実証的見地から近世ヨーロッパに独特な政治秩序を総括しました。

 本研究は平成23年度に「地域と地域とを結びつける統合の方法と論理」に着目して各々の複合的国家編成を比較する方向性を定めましたが、その成果として(1)王位継承や戦争・内乱など、各地域固有の情勢を背景として立ち現れる普遍的な秩序観や君主観の存在や、(2)そうした観念に基礎づけながら実践された統治権力と服属関係の交渉過程(3)その結果としての地域間の結合関係の多様性を明らかにした。近世ヨーロッパの政治社会において普遍的な秩序観や君主観を脊柱としながら複数の地域が集塊する国家の輪郭を、本研究は様々な形質をもった礫が固結してできる「礫岩」という地質学用語に準えて「礫岩国家」と結論し、その成果を2013年5月に京都大学で開催される日本西洋史学会の小シンポジウムで披瀝します。

 本研究は、従来の国制史の成果に概念史の知見を融合して各地域の国家編成の礫岩的状況を比較しましたが、このような経験から本研究はヨーロッパを越えてアジアやアメリカにおける国家編成を比較可能な視座を得ており、その実現を今後の課題として本研究の幕を閉じることとします。(歴史的ヨーロッパに長期的に育まれてきた複合政体のダイナミズムに関する問題は、平成25〜28年度にかけて共同研究が実施されます。)

【平成24年度の研究成果(雑誌論文・学会発表・図書に限る)】
【雑誌論文】
  1. 後藤はる美,「17世紀イングランド北部における法廷と地域秩序―国教忌避者訴追 をめぐって―」史学雑誌121編10号 2012年 1-36頁
  2. Satoshi Koyama, ““A battle between the Duchy and the Kingdom”― Remarks on the Orzechowski vs. Rotundus controversy on the Polish-Lithuanian union in 1564-66”, Sekiguchi Tokimasa (ed.), From Krakow to Vilnius. Report of the 2nd International Itinerant Seminar “The Common Heritage of Eastern Borderlands of Europe”, 2013, pp. 55-68.
  3. 近藤和彦,「礫岩政体と普遍君主:覚書」『立正史学』,113号,25−41頁.
  4. 中澤達哉,「18-19世紀ハプスブルク複合王政下の近代国民形成と政治的正統性―ヨーロッパの「極端なる典型」」,『西洋史論叢』34号,2012年,19−29頁.
  5. 中澤達哉,「ハンガリー初期ジャコバン主義の「王のいる共和政」理論―近代ヨーロッパ共和主義の多様性と共生の諸形態」」,森原隆編『ヨーロッパ・「共生」の政治文化史』,2013年,84-105頁.
  6. Tatsuya Nakazawa, "Boundary Mechanisms in the Formulation of National Identity: A Case Study of Students in the English Departments at Selye Janos University", Eruditio-Educatio, vol.7-3, 2012, pp.106-121.
  7. 中澤達哉,「書評:割田聖史『プロイセンの国家・国民・地域―19世紀前半のポーゼン州・ドイツ・ポーランド』(有志舎、2012年)」,『東欧史研究』,35号,2013年,100-105頁.
  8. 古谷大輔,「文化と社会の保存と管理―スウェーデンにおける文書保管の歴史と構造―」『IDUN-北欧研究-』,20号,2013年,217-230頁.
  9. 古谷大輔,「日本における北欧史研究の課題―「ミッシング・リンク」の探索による思考回復への挑戦」,『歴史と地理』,664号,2013年,58−62頁.
  10. J・モリル 著(後藤はる美訳),「17世紀―アイルランドの困難の時代―」『思想』,1063号,2012年,94-115頁.
【学会発表】
  1. 近藤和彦,「本国上更紗と世界資本主義」,立正大学史学会,2012年10月27日,立正大学.
  2. Tatsuya Nakazawa, "Boundary Mechanisms in the Formulation of National Identity: A Case Study of Students at Selye Janos University", International Workshop (Toyota Foundation): Transboundary symbiosis over the Danube and EU integration, 2012年09月11日, Komarno(スロヴァキア共和国).
  3. 中澤達哉,「書評:割田聖史『プロイセンの国家・国民・地域―19世紀前半のポーゼン州・ドイツ・ポーランド』(有志舎、2012年)」,西洋近現代史研究会・東欧史研究会,2012年11月17日,専修大学.
  4. 中澤達哉,「1989年以降世代の東欧史学と二宮宏之の歴史学」,ヨーロッパ近世史研究会,2013年3月23日,京都大学.
  5. 古谷大輔,「ワールド・イズ・ノット・イナフ:「バルト海帝国」にみる複合的国家編成とスコーネ併合」,バルト・スカンディナヴィア研究会,2012年9月23日,千里中央ライフサイエンスセンター.
  6. 古谷大輔,「書評:岩井淳編著『複合国家イギリスの宗教と社会──ブリテン国家の創出』(ミネルヴァ書房、2012年)」,近世イギリス史研究会,2012年10月28日,神奈川大学.
  7. 古谷大輔,「応酬される権力資源としての言説と言説交換の結果としての国家~「礫岩国家」への挑戦」,ヨーロッパ近世史研究会,2013年3月23日,京都大学.
【図書】
  1. 篠原琢・中澤達哉(編),『ハプスブルク帝国政治文化史―継承される正統性』,昭和堂,2012年,総256頁.
  2. 喜安朗ほか,『歴史として、記憶として:社会運動史 1972~1985』,御茶の水書房,総270頁.